服好きミニマリストのお洒落とは。クローゼットのワードローブ公開

服好きミニマリストのお洒落とは。クローゼットのワードローブ公開

こんにちは!エディです。

ミニマリストのファッションやお洒落さというと、皆さんどんなイメージを持ちますでしょうか?

  • いろんなモノを捨てすぎてこだわりがない
  • お洒落をすることまで捨てている
  • おしゃれじゃない

恐らくこんなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

しかし、本来のミニマリストは真逆です。

今回はその辺りについてお話しつつ、私のクローゼットのワードローブ愛用品を一部ご紹介します。

1 ミニマリストの本質

1-1 こだわりや上質さを捨てることではない

ミニマリズムというと、「とにかくたくさんモノを捨てて必要最低限の量のみ残し、品質やこだわりまで削ぎ落とすこと」と考えられがちです。

しかし、本質はそうではありません。

「シンプルで上質な生活を送るために、持つモノへの品質やこだわりを徹底して追求し、必要最小限の量以外は持たない暮らしを送ること」が本来の性質です。

モノは少なくなればなるほど一つ一つにスポットライトが当たるため、向き合う機会が増えます。そのため、必然的に上質なモノを選ぶ審美眼が重要となり、そこにはその人のセンスやこだわりが如実に現れることになるのです。

つまり、ミニマリスト自体がお洒落さから縁遠いのではなく、その人自身のお洒落さやこだわりが影響しているだけなのですね。

こだわりや上質さを捨てるのではなく、むしろそれらを追求をしているのが本来のミニマリストなのです。

↓シンプルライフの実践方法

↓上質なモノを日常使いにすることのススメ

1-2 自分を表現できるお洒落さを追求する

ここで、お洒落さとはという話に移ります。

「あの人はお洒落だ」と判断される要素として、「毎日違う服装をしている」「華美な服装をしている」などがあげられることがあります。

しかし、私がいうお洒落さとは上記と対局をなすものです。

それは、「自身に似合う服装を理解し、上質な素材でシンプルな服装を最適なサイズで着こなしている」ことです。

決して、華美な服装や毎日違う服装をしていることをお洒落と捉えません。

特に年齢が上がればその傾向が顕著になります。

歳を重ねて様々な経験をすることで自身の雰囲気やスタイルが形成されて固まってくるため、その内面を邪魔せず際立たせるための服装が重要になってきます。

私が追求しているのは、そういった感性にもとづくお洒落さであり、自分なりに厳選した上質な一着を日常から着こなすことなのです。

2 クローゼットのワードローブ愛用品を一部公開

・アウター

Stone Island
John UNDERCOVER
  • Stone Island(ストーンアイランド)のナイロンジャケット
  • John UNDERCOVER(ジョンアンダーカバー)のコーチジャケット(綿素材)

他にTHE NORTH FACEの中綿ブルゾンがあり、アウターは計3点です。

↓参考記事

・ジャケット

UNIVERSAL LANGUAGE
RING JACKET
  • UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)の無地ジャケット(SS/ネイビー)
  • RING JACKET(リングジャケット)のウインドーペンジャケット(AW/ネイビー)

ジャケットはこの2点のみです。

↓スーツやジャケット類は正しい手入れが必須です

・インナー

Maison Margiela
Hanes
  • Maison Margiela(メゾンマルジェラ)のエルボーパッチスウェット(ボルドー)
  • Hanes(ヘインズ)のビーフィーTシャツ

↓参考記事

ビーフィーTシャツはとても長持ちします。

・シャツ

鎌倉シャツ
麻布テーラー
  • 鎌倉シャツ(200番手)
  • 麻布テーラー(オーダーメイド:ロイヤルカリビアンコットン)

余談:Yシャツには時計がとても合います。

Hamilton

↓機械式時計を長く使うために必要なオーバーホールの頻度

・パンツ

BERWICH
GTA
  • BERWICH(ベルウィッチ)のワンタックショートパンツ
  • UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)のツータックショートパンツ
  • GTA(ジーティーアー)のグルカパンツ

他に、giab’s ARCHIVIO(ジャブスアルキビオ)のウールイージースラックスやBERWICHのフランネルツータックスラックス/サキソニーツータックスラックスを所有しています。

・マフラー/スカーフ

FAIRFAX
ALTEA
  • FAIRFAX(フェアファクス)の100%カシミアのマフラー
  • ALTEA(アルテア)の100%シルクのスカーフ

・ネクタイ

Drake’s
FRANCO BASSI
  • Drake’s(ドレイクス)のストライプネクタイ
  • FRANCO BASSI(フランコバッシ)GOLDEN 80S ビンテージのペイズリーネクタイ

↓参考記事

・靴

UNION IMPERIAL
DIADORA
  • Union imperial(ユニオンインペリアル)の革靴(ユーチップ)
  • DIADORA(ディアドラ)のレザースニーカー

↓参考記事

・鞄

F.Clio
Creed
  • F.Clio(エフクリオ)のボストンバッグ
  • Creed(クリード)のクラッチバッグ

↓参考記事

・手袋

DENTS
THE NORTH FACE
  • DENTS(デンツ)のナッパレザーグローブ
  • THE NORTH FACEのイーチップグローブ

・小物

Maison Margiela
Maison Margiela
  • Maison Margiela(メゾンマルジェラ)のフォールデッド レザー ウォレット
  • Maison Margiela(メゾンマルジェラ)のシュヴァリエの真鍮リング

↓参考記事

以上が、私の主要なワードローブのお品でした。

3 最後に

本来のミニマリズムはモノの一点一点をこだわって追求するため、お洒落や上質さを捨て去ることではありません。

普段から上質で自身に似合う服装をさらっと着こなしているミニマリストも多いです。

持つ量は少なくこだわり抜いたからこそ際立つ自分なりの逸品とともに、おしゃれを楽しんで頂けたらと思います。

以上です。ご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました