【ボルドーの魅力】大人な男女はファッションに濃い赤色を取り入れる

【ボルドーの魅力】大人な男女はファッションに濃い赤色を取り入れる

こんにちは!エディです。

服の色の選び方ですが、一般的に自身に似合う色(パーソナルカラー)や好きな色を決め、それに合う色を様々に組み合わせていきます。

そのため、自身に似合う色や好きな色を確立することが大切であり、私のオススメはボルドーなどの濃い赤色です。

ボルドーなどの濃い赤色は高貴で上品なイメージを想起させる色であり、大人の落ち着いた方に是非トライしてもらいたい色です。

今回は、濃い赤色の特徴や色のコーデの合わせ方を、私服や小物を通して説明していきます。

1 濃い赤色の特徴やイメージ

1-1 ボルドー、ワインレッド、バーガンディの違いと特徴

濃い赤色として代表的な色は、ボルドー、ワインレッド、バーガンディです。このうち、服飾等で色を考える場合はボルドーが基本となります。

他にもえんじ色やぶどう色といった色もありますが、前者は”強い赤”であり、濃い(暗い)赤として分類するには微妙に異なるので除外、後者のぶどう色も色彩群としては”青紫系”なので除外します。

特徴
ワインレッドこい紫みの赤
ボルドーごく暗い赤
バーガンディーごく暗い紫みの赤

ワインレッドが3つの色の中で一番明るく、バーガンディが一番暗い、ボルドーがその中間と考えれば良いです。

1-2 濃い赤色が持つ意味

ボルドー、ワインレッド、バーガンディなどの濃い赤色が持つ意味として共通するのは、「ドレッシーで色気があり、贅沢で高級感がある」です。

単語でいうと、「高貴」「高級」「上品」「贅沢」「艶」などが当てはまります。

結婚式や二次会、パーティーなどのフォーマルシーンでも高貴で目立ちすぎない華やかさがあり、普段の生活でも落ち着いた上品な雰囲気を纏うことができます。

2 ボルドーの服とお気に入りコーデのご紹介

2-1 私のボルドーの服や小物類

私が所持しているボルドーの服をご紹介します。

Maison Margiela
ALTEA
FAIRFAX
GUCCI

どれも上品な雰囲気を持っており、私がヘビーに利用するモノ達です。

質が良い服に使われるボルドーは総じて発色も良く、質の良さも際立ちます。

2-2 ボルドーに合わせる色はグレーが相性抜群

ボルドーは、無彩色のグレーとの相性が抜群です。

例えば、グレーのスラックスとボルドーのスウェットの組み合わせです。これは私の鉄板コーデで、スウェットはワードローブの記事でもご紹介したマルジェラのエルボーパッチであり、パンツはBERWICH(ベルウィッチ)のツータックスラックスです。

ボルドーの色が際立ち、グレーの落ち着きと相まりシックなコーディネートになっているのがわかりますでしょうか。

ボルドーのネクタイやマフラーも、グレーのスーツにアクセントカラーとしてとても映えます。

また、グレーの他に合う色は、有彩色だとネイビー、無彩色だと黒や白です。

ネイビーや黒や白といった色は、おそらく皆さんもワードローブの中に多くある色だと思うので、今ある手持ちの服を活用し、ボルドーのアイテムを1点取り入れてコーデを試されてください。

きっと「この組み合わせ良いね!」と思うコーデが新たに見つかるのではないでしょうか。

3 最後に

赤色は少し派手だと思ってなかなか日々のコーディネートに取り入れづらいと思われている方も多いと思います。

しかし、ボルドーなどの濃い赤色ではあれば落ち着きや上品さといったイメージになるため、取り入れやすくなると思います。

男女問わず大人の方にこそ、是非トライしていただきたい色、ボルドーのご紹介でした。

以上です。ご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました