【要注意!】ユニクロ エアリズムの寿命や理想的な買い替え頻度とは

【要注意!】ユニクロ エアリズムの寿命や理想的な買い替え頻度とは

こんにちは!エディです。

ユニクロ(UNIQLO)のエアリズム(AIRrism)と言えば、夏はもちろん、通年でも肌着インナーとして利用している人が多いベストセラー商品です。

そんなエアリズムを皆さんは何年で買い替えているでしょうか?見た目的に綺麗だからと何年も使っていたりしませんか?

実は、下着であるエアリズムの理想的な買い替え頻度は1年であり、何年も使い続けることは避けた方が良いことが多いのです。

今回はその理由等についてお話ししていきます。

1 エアリズムの寿命

1-1 寿命のサイン・前兆

エアリズムが寿命を迎えたと一般的に考えられる状態は以下になります。

  1. 生地が伸びて着心地が悪い(シワシワ、ヨレヨレ)
  2. 匂う
  3. 黄ばみなどの変色が生じている
  4. 汚れが蓄積している

基本的には下着類に当てはまる基準と同じです。

これらの状態だと感じた時はそのエアリズムは寿命を迎えており、捨てどきであります。

1-2 見た目が綺麗でも注意が必要

一般的な寿命のサインとしては前述した通りですが、エアリズムの場合は注意が必要な事があります。

それは、「エアリズムが化学繊維の丈夫な素材で作られたモノであり、型崩れなど見た目の変化がわかりくい」ということです。

綿製品の下着であれば、着用に伴いどんどん伸びて型崩れしてくるためにヘタリがわかりやすく、寿命だなと判断できるのですが、エアリズムの場合はなかなか型崩れしにくくわかりにくいのです。

そのため、見た目が綺麗だからといって捨てどきを見失い、使い続けている事がよく起こりがちです。

しかし、汚れは確実に蓄積されていっており、清潔な下着を着用している状態とはかけ離れていることが往々にしています。

詳しくは後述しますが、見た目が綺麗(と感じる)だからと破れるまで着用し続けるのではなく、一定の年数を経過したら買い替えのために捨てることがエアリズムの場合は必要なのです。

1-3 一般的な寿命は1年〜3年と言われる

エアリズムの寿命は、1年〜3年と言われています。

以前ユニクロの店員さん達と話す機会があり、伺っていると大体こんな感じですね。

もちろん、店員さん達の中でも個々人によって年数は変わり、1年未満の人もいれば3年ほど使っている人もいるようです。

しかし、共通する点はエアリズムは肌に触れる下着であり、清潔な状態に保つことを意識しているという事です。

そのため、利用頻度や使用用途、体質などによって変わりますが、1年程度で買い替え、新しいエアリズムを着用した方が清潔で望ましいという結論に至っています。

詳しくは次に述べていきます。

2 エアリズムの理想的な買い替え頻度

2-1 一年に一度、毎年買い替える

肌に直接触れる下着であるエアリズムは、1年に一度、新品に買い換えるサイクルが理想的です。清潔さが第一であり、エアリズムも例外ではないからです。

エアリズム自体は1000円未満の低コスト商品のため、毎年買い替えても経済的な負担は比較的少なく、実行に移しやすいのではないでしょうか。

特に以下のような使い方をしている人や体質の人などにオススメします。

  • ローテーションの枚数が少ない
  • 暑がりで汗っかきである
  • スポーツ(部活動)や山登りなどで激しく使用する
  • 普段から活動量が多い

こういった使い方は汚れや匂いが取りきれずに蓄積されやすいため、寿命も早まります。そのため、普段から意識することが大切です。

なお、これはエアリズムに限らず機能性インナー類の全てに当てはまります(このようなベストセラー商品にも↓)。

また、同じような買い替えサイクルを推奨しているのが、Tシャツになります。

<補足>ヒートテックの寿命・買い替え頻度

ユニクロの商品としてエアリズムと同様に人気商品となっている「ヒートテック」の寿命も、基本的にはエアリズムと同じ考え方です。

寿命は1~3年であり、理想的な買い替え頻度は1年です。

ただし、ヒートテックの場合はエアリズムと違い、汗をかきにくいシチュエーションでの使用(メインは冬)のため、使用頻度や使い方によっては1年ではなく数年使用しても問題ない場合があります。

暖かさを維持するための機能性が失われていないかを確認しながら判断していってください。

個人的には高機能商品はなかなかその判断も難しいため、一律で毎年買い替えると決めた方が気持ちよく清潔で高機能な衣服を着続ける事ができるためにオススメしています。

3 最後に

ユニクロ(UNIQLO)のエアリズム(AIRrism)の寿命は1年〜3年であり、理想的な買い替え頻度は1年です。

ローテーションの有無や使い方、使う人の体質にもよりますが、このサイクルが清潔で機能性も維持でき、気持ち良く着ることができるからです。

見た目には綺麗でまだまだ着用できそうと感じる場合でも、エアリズムは消耗品と捉え、清潔な下着を着用することを第一にして交換を考えてみることをオススメします。

以上です。ご覧いただきありがとうございました!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました