ミニマリズムとは

ミニマリズムとは

【共感と脱帽】ミニマリスト歴6年の自分とローランドを比較した結果

ローランド(ROLAND)さんのミニマリズムは強いこだわりと完璧主義の徹底さも相まり、ミニマリスト歴が6年の私も共感し脱帽することが多いです。余白の美学や一用途につき一つのモノしか持たない考え方、常識を疑い構築された自宅、部屋はとても素敵です。
2021.10.03
ミニマリズムとは

【今すぐモノを減らそう】管理するモノが多いとストレスで疲れやすい

モノに溢れた生活はモノの管理を過度に必要とし、ストレスや疲れを引き起こす原因となります。そのため、ストレスなく管理できる範囲までモノを片付けて減らし、気を配って維持管理する労力や時間を少なくして頭の中をスッキリさせることが必要です。
2021.10.03
ミニマリズムとは

【感度の高いミニマリストが実践】誰にでもある物欲との付き合い方

ミニマリストでも物質主義の現代社会に身を置いている限り、物欲自体は無くなりません。ただし、上手く付き合って抑えることで自身の生活スタイルに役立たせ、心地良い生活を送ることはできます。物欲の対処方法含め、私が実践していることをご紹介いたします。
2021.10.03
ミニマリズムとは

【オススメ】ミニマリストが実践する「持たない暮らし」の快適さとは

ミニマリストが実践する”持たない暮らし”は、快適さをもたらします。暮らしの満足度や質の向上にも直結するため、少しでも日々の生活のストレスを軽減したい、時間を有効的に使いたいと考えている方々は、是非意識し実践してみてはいかがでしょうか。
2021.10.03
ミニマリズムとは

【モノで溢れる人へ】「入れた分だけ出す」ミニマリズムを勧めたい

いつもモノが溢れて家の中が片付かない人に、「入れた分だけ出す」ことをオススメします。意識して習慣化すればモノの出入りも循環し、きっとスッキリした空間になってくると思います。そのためにも、意識した方が良い考え方や効果的な実践方法をご紹介します。
2021.10.03
ミニマリズムとは

【生活の質を高めて潤いアップ】上質で良いモノを普段使いにする

普段から良いモノを使うと、生活の質が高まります。上質で良いモノには、何か独特に発するオーラがあり、人の心に幸福度や満足度を与えてくれます。日常に上質を取り入れ、使わないで仕舞い込んでいる良いモノたちも、引っ張り出して使うことが大切です。
2021.10.03
ミニマリズムとは

【ミニマリストのメリット/デメリット】知っておきたい効果と弊害

ミニマリストは、引っ越しが楽、支出が減る、自由度や身軽度が増す、ストレスが減って暮らしにゆとりが生まれるなどのメリットが多い一方、家族との人間関係がギクシャクしたり、やり過ぎにより目的や自分を見失うなどのデメリットを生むリスクがあります。
2021.10.08
ミニマリズムとは

【シンプルライフ】持たない暮らしのために捨てた方が良い3つのこと

シンプルライフに不要なことは3つあります。他人からどう見られるかという基準でお金と時間を使うこと、モノをコレクションすること、そして、質の良くないモノを持つことです。この3つの行動や習慣を捨てて変えることが快適な暮らしの実現に役立ちます。
2021.10.03
ミニマリズムとは

【公開】現役ミニマリストが語るシンプルライフのメリットや実現方法

シンプルライフとは、無駄なモノを削ぎ落とした、生活に必要な最小限かつお気に入りのモノや空間に囲まれたゆとりのあるシンプルな生活です。様々なメリットがあり、その実現には自分にとって居心地の良い空間や送りたいライフスタイルのイメージが大切です。
2021.10.08
タイトルとURLをコピーしました