【スラックスの補正について】麻布テーラーのお直し料金は少し高め

【スラックスの補正について】麻布テーラーのお直し料金は少し高め

こんにちは!エディです。

先日、麻布テーラーにて5年前にオーダーで作ったスーツの修理をしてきました。内容としては、スラックスの裾幅の補正になります。

今回は、麻布テーラのスラックス関連のお直し料金や、納期や方法などをご紹介していきます。

1 麻布テーラーのお直し料金(スラックス)

1-1 町のお直し屋と比べると少し高めの値段設定

麻布テーラーの修理に伴うお直し(補正)料金は、町のお直し屋や修理店と比較すると少し高めです。

しかし、2倍とかのレベルではないため、麻布テーラーでスーツを作った方は、作った時のデータに基づく専門的な補正が可能になることから麻布テーラーで修理に出した方が良いかもです。

1-2 スラックス関連のお直し料金の一覧

・ウエストの詰め/出し

  • 3cmまで:2,200円
  • 3cm以上:2,750円

・股下(丈詰め/裾上げ)

  • ダブル幅:1,870円
  • シングル幅:1,320円

・わたり幅(もも)の詰め/出し

3,300円

・膝幅の修正の詰め/出し

1,650円

・裾幅の修正の詰め/出し

  • ダブル幅:3,300円
  • シングル幅:2,750円

※補足

麻布テーラーはパターンオーダーのため、スラックスの幅を詰めたり出したりする場合は、わたりと膝、裾の3点での修正となります。

それ以外の起点(例えばわたりと膝の中間)指定での修正は不可能なためご注意ください。

・ダブル幅の詰め/出し

1,870円

上記全て、税込の金額です。

2 スラックスの裾幅を補正した模様

画像だと色が抜けてますが、ダークネイビーのプリンスオブウェールズ柄です。

2-1 補正内容

5年前にオーダーして作ったスーツのスラックスの補正を先日行いました。

※スーツは、オーダースーツを2着所有しています。

補正内容は、裾幅を19cmから17cmへと短くすることです。

私が持っているスラックスは大体裾幅17cm〜17.5cmなのですが、このスーツだけ太めに作っていたため19cmで設定しておりました。

しかし、テーパード具合が緩く、ストレートシルエットに近いことから今回補正することにしたのです。

裾幅を短くしてテーパードシルエットにするためには、通常は膝と裾を起点にして緩やかにテーパードをかけていきます。今回はわたり幅や膝幅は余裕を持たせたいためにいじらず、裾幅だけの補正にしました。

ちなみに、裾幅だけ短くするオーダーの場合は、大体裾の一番下から10cm前後上のところから傾斜をかけることになります。

2-2 修理の値段

ダブル幅での補正になるため、3,300円(税込)でした。

なお、もし膝からテーパードをかけていた場合、膝の補正料金(1,650円)が追加で加わるため、4,950円(税込)です。

2-3 納期は基本10日

麻布テーラーの一般的な補正に伴う納期は10日です。

2〜3日など数日で依頼することはほぼ不可能です。

ただし、早く出来上がって工場から店舗へ到着する場合もありますので、担当していただく店員さんに予め出来上がり次第電話をかけてもらえるようにすれば、早めに受け取ることができる時もあります。

3 最後に

麻布テーラーの修理に伴うお直し(補正)料金は、町のお直し屋や修理店と比較すると少し高めですが、知識を持ったスタッフからの案内等も受けられる良さもあります。

スラックスの補正料金等は目安としてご参考ください。

以上です。ご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました