【最小限の荷物とは】ミニマリスト男の一泊二日旅行のバッグの中身

【最小限の荷物とは】ミニマリスト男の一泊二日旅行のバッグの中身

こんにちは!エディです。

今回は、ミニマリストである私の一泊旅行のバッグの中身と持ち物の選び方についてご紹介します。

一泊二日で旅行する際の荷物は、財布やスマホ等の小物類と化粧水等のアメニティ類のみという最小限のアイテム構成で済ますことが多いです。

ホテルでインナーを手洗いするため着替えは基本的に持たないことが多く(ただし、条件有り)、PC(MacBook Air)は滞在先で必要な時のみ(仕事等)持参します。

そのため、一泊二日のバッグの大きさとしては小さいトートバッグ等でも十分であり、着替えやPCが必要な場合でも旅行用鞄(ボストンバッグ)がパンパンにならず、ゆとりがあって軽いです。

1 旅行の持ち物を少なく減らすメリット

1-1 旅行を身軽にしてストレスを減らす

歩くことが多い旅行で大きく重たい荷物を持つことは、行動範囲を狭め、ストレスの原因にもなり易いです。バッグが重たいと歩くことが億劫になり、移動が辛くなるからです。また、大きな鞄は邪魔にもなり易いです。

そのため、持っていく荷物は最小限にして少なくし、カバンは小ささと軽さを意識することが大切です。

少ない荷物であれば荷造り(パッキング)も簡単で準備時間も少なく済み、ホテルの滞在時もモノが散乱せず、片付けも楽です。

旅行鞄にあれもこれも詰め込んで持っていかない方が良いのです。

1-2 最小限の荷物であれば手ぶらも可能

最小限の持ち物構成にすると、手ぶら(鞄を持たない)の旅行ですら可能な時があります。

ミニマリストの私は、昔、旅行で鞄を持たずに手ぶら(財布と鍵、スマホのみ)で行くこともありました。

冬の季節はブルゾン等のアウターの大きなポケットに財布等を入れることができます。眼鏡であればコンタクト用品は要らず、アメニティ用品はホテルのモノを使い、着替えは手洗いやホテル併設のコインランドリーを利用すれば不要だからです。

ただし、これは男だからできることでもあります。女性は美容グッズがたくさんあるため流石に難しいですからね。

私も今は流石に手ぶらで行くことは無くなりましたが、手ぶらの旅行は非常に身軽で快適でした。

2 ミニマリスト男の一泊二日旅行の持ち物

2-1 鞄は小ぶりのボストンバッグを選ぶ

旅行用の鞄は、小ぶりのボストンバッグを使います。

この鞄はエフクリオのレザーバッグですがとても軽くて重宝しています。

バッグに入れる持ち物はとても少なく、この大きさで十分です。

持ち物を全て入れても余裕があり、帰りのお土産などプラスαで追加になる荷物も小さなものであれば鞄に入れてしまうこともできます。

一泊二日程度であれば、邪魔になりやすいキャリーケースも必要ありません。

2-2 バッグの中身

・財布や鍵等の外出に必要な小物類

外出時に必要な持ち物を旅行時も同様に持参します。

私が休日の外出時に身につける小物類は、このセット(+ スマホ)が定番となっています。

写真には載せ忘れましたが、洗える布タイプのマスクも着用します。

※これは、GUとアンダーカバーコラボのマスクです。

なお、これらの小物を入れるミニショルダーバッグ(アークテリクスのマカ1)を持参するか否かは季節で変わります(※ボストンバッグはホテルに到着したら預けるため、散策時には持ち歩きません)。

冬の季節は小物類をアウターの大きなポケットに入れることが多いため不要であり、アウターを着用しない夏の季節等では使います(※型崩れを防ぐために、ジーンズなどに財布等は入れません)。

・化粧水等のアメニティ用品や小物類

化粧水等のアメニティ用品やiPhone充電器等の小物類は、この写真のような小物ポーチに入れています。

この小物ポーチに入っているモノは、こちらです。

内訳
  1. 眼鏡(眼鏡ケース)
  2. コンタクト用品
  3. くし
  4. 目薬
  5. 化粧水
  6. iPhone充電器
  7. ウェットティッシュ
  8. マスク(予備)

私は目が悪いため、眼鏡とコンタクト用品は必須です。

※余談ですが、昔は白山眼鏡や金子眼鏡、999.9、オリバーピープルズなどを使っていましたが、今はJINS一本です。

ドライヤーや歯ブラシ、シャンプーや洗顔料はホテルにある場合が多いので持参しません。くしはない場合もあるので携帯用の簡易なモノを持参します。整髪料は必要に応じてですね。

目薬や化粧水(携帯用のミニボトル)は必須アイテムです。目の疲れを取ったり、肌トラブルを防ぐために日々必要だからです。

※メンズにオススメな化粧水はこちら↓

なお、化粧水の持ち運びには、一回限りの使用で終わるサンプル品などを日頃からストックしておくと、旅行時に活用できます。

或いは、100均などで売っているミニボトルに化粧水を入れる方法もアリです。

ミニボトルを携帯する時は、中身の液体が漏れて濡れないようにジップロックなどのジップ式の袋に詰めたり、ラップでボトルを包んだ方が良いです。

ウェットティッシュは、コンビニでもらえるようなタイプのモノをいくつか持っておくと嵩張らずに便利です。ギャッツビー等の洗顔シートは嵩張る場合があるのであまり持ち歩きません(1泊程度では)。

・PC類(必要な時のみ)

滞在先でも隙間時間にPCを開いて作業をする必要がある時は持参します。最近はそういったことが多いため、MacBook Airを充電器とともに持っていっています。

M1のMacBook Airは、軽くて薄いのでそこまで負荷になりません。

MacBook Airを持ち歩く時は、保護するPCケースは必須です(※最低限の機能を持つケースとしてAmazonベーシックのコスパ最強の人気商品などもあります。ご参考まで)。

・着替え(必要な時のみ)

一泊二日のプライベート旅行では、着替えは極力持たないようにしています。

なぜなら、旅行時の荷物で一番嵩張りやすいのが衣類だからです。そのため、手洗いやホテル内のコインランドリーを活用して洗うようにしています。

ただし、洗ったとしても2日連続で同じ服を着るのは嫌な場面も当然あります。誰かと一緒の旅行などですね。

その際は、冬であればニットやスウェットのみ、夏であればTシャツ1枚のみを着替えとしますが、同じ部屋に泊まる人がいる場合は、インナー類も持参するようにします。

3 最後に

ミニマリストの私が一泊二日の旅行で持っていく荷物をまとめます。

★鞄の大きさと数

小さめのボストンバッグ(※夏場は散策用のミニショルダーバッグを追加)

★持ち物

  • 外出に必要な小物類(財布、鍵、指輪、腕時計、イヤホン、マスク)
  • アメニティ用品や小物類(眼鏡/眼鏡ケース、コンタクト用品、くし、目薬、化粧水、iPhone充電器、ウェットティッシュ、予備のマスク)
  • PC(必要な時のみ)
  • 着替え類(必要な時のみ)

荷物が少ないことは、快適な旅行にも繋がります。是非、皆さんも旅行に行く際は持ち物を最小限に減らしてみてください。

以上です。ご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました