衣替えは大量の服の断捨離に良い機会!次シーズンに何を残すか考える

衣替えは大量の服の断捨離に良い機会!次シーズンに何を残すか考える

こんにちは!エディです。

衣替えの季節は断捨離をする良い機会です。引越しをする時と同様に今ある手持ちの服を全て把握することができるため、手放す決断をしやすいからです。

普段なかなか服を整理できない方も、春(5月〜6月)や秋(9月〜10月)の衣替えの季節を断捨離する機会と捉えて手持ちの服を整理し、思いきって自分に合った方法で服をスッキリ手放されてみてはいかがでしょうか。

1 衣替えの季節の服の断捨離について

1-1 衣替えの季節が断捨離に適している理由

衣替えの季節は5~6月と9~10月の大きく年に2回あり、どちらも長袖⇆半袖の切り替え時期です。

厳密には、冬服⇨春服⇨夏服⇨秋服⇨冬服…という季節ごとになりますが、大きな入れ替えとしては先述した2回になります。

この入れ替え時期には、クローゼットや洋服ダンスの服を入れ替えることになるので、手持ちの服を全て一旦表に出すことになります。

服を整理し断捨離する作業として一番大切なのは、「持っている服を全て表に出し、どんな服を何枚所有してそれらがどんな状態なのかを把握すること」ですが、その作業が衣替えの季節に必然的に実現するのです。

大量に服を持っていて整理するタイミングを自発的に作りづらい人でも可能になるため、衣替えの季節が断捨離に適しているのです。

持っている服を一度表に出して段ボールに詰めていく作業がある引越し時と似ています。

参考>>【ミニマリストの実感】物が少ないほど楽な引越しは断捨離の良い機会

1-2 衣替え時の断捨離で何を残すかの判断基準

①服にダメージやくたびれがあるか

以下に当てはまる場合は、断捨離した方が良いです。

  • 首元の伸びがある
  • 生地にヘタレがある
  • 汚れやしみが付着している

着用頻度の多いTシャツなどはくたびれるスピードも速いので、注意して確認してください。

参考>>【Tシャツの寿命と買い替えサイクル】服好きミニマリストが提案!

②1シーズン一度も着なかった場合の理由は何か

基本的に、1シーズンに一度も着なかった服は断捨離候補として考えてください。

一度も着なかった場合は、大抵が「シーズン中にその服を着ようと思ったが何かしら気になった部分があったから」ということが多いです。

この「何かしら気になった」というのが肝で、自分が気にいった好きな服ならばそのような感情が湧いてこないはずです。少しでもその感情が出たのであればそれは一軍の服ではないため、今後も着る機会がないと断言しても良いです(経験則的に)。

一方で、着なかったことに理由が明確にある場合は、話が変わってきます。

例えば、外出する機会自体が減り、一時的に全ての手持ちの服を循環しなくなったなどです。特殊な事情で使う場面が一時的になかった場合などは、今後も着る可能性を考慮しても良いです。

ただし、自分に適切な服の総容量を環境の変化(仕事が変わった等)に合わせて再度整理する作業をオススメします。

③その服を着て気分が上がるか

なんとなくその服を着ているけど、実はその服を着ていて気分が上がらない、お洒落だと思っていない服は断捨離した方が良いです。

服が気持ち等の気分に与える影響力は意外と強く、自分を表現してくれる服や上質な服を着ることによる高揚感というのは大切に捉えた方が良いです。

日頃から自分の気分を上げてくれる服だけを持つことを心掛け、それ以外は自分のワードローブから除外するのです。そうすれば無駄に多く服を持つ必要もなく、厳選した少数の服のみで十分満足が得られるはずです。

参考>>服好きミニマリストのお洒落とは。クローゼットのワードローブ公開

気分の上がらない服は断捨離対象として最優先の位置付けです。

2 服を手放す方法

2-1 服を「売る」か「捨てる」かの判断基準

断捨離をする際の服を「売る」か「捨てる」かの判断基準ですが、それは、その人の価値基準(思い)と断捨離するモノの状態に影響します。

少しでも断捨離する服からお金を得たいという気持ちがあれば、「売る」という選択をしてください。「もったいない」と感じて断捨離に踏み込めない場合も同様です。「売る」という選択をすることで、少しでも対価が入ると思えば一歩前に進めるはずです。

また、「捨てる」ことに罪悪感を感じやすい人も同様です。「売る」ことで誰かが使ってくれると考えれば、罪悪感を薄めることにも繋がります。

一方、その商品の状態が先述の①のように服がくたびれている、且つそれらがファストファッションやノーブランドの場合はまず売れませんので、無駄な労力をかけないためにも「捨てる」ことを選択してください。

そうではなく、自身が着なかっただけで状態が良い服やブランドの服は売れやすいので、「捨てる」のではなく「売る」という選択をした方がお得です。

2-2 服を売る方法

・メルカリやヤフオクで売る

売る際に一番お金が入りやすい方法は、直接ユーザーに服を自分で売ることです。

買取専門店などで売る場合と比べて間が入らないのでマージンが発生しないからです。

メルカリやヤフオクが方法として該当します。

参考>>【お得】断捨離するモノをメルカリで少しでも高く早く売るための方法

参考>>【完全版】メルカリ「梱包・発送たのメル便」の使い方と多くの注意点

・セカンドストリートなどの買取専門店に売る

セカンドストリートなどの服の買取専門店に売ることもできます。

メルカリやヤフオクなどに比べて自分の手元に入るお金は少なくなりますが、大量の服の断捨離をする時などに手間が省けるメリットを重視して利用することも賢い選択です。

店舗に持ち込んだりセカンドストリート【WEB買取】を利用して郵送で送るだけでいいからです。

後は査定を受けてサインすれば終わりと、とても簡単です。

3 最後に

衣替えのシーズンは、引越しの時と同様にモノを減らす良い機会です。

普段なかなか服の断捨離に踏み込めない方もこの機会を捉えて一点一点の服と向き合い、断捨離してみてはいかがでしょうか。

タイミングを逃さず実行してみることをオススメします。

以上です。ご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました