【店頭試聴レビュー】WF-1000XM4とM3の驚きの比較結果

【店頭試聴レビュー】WF-1000XM4とM3の驚きの比較結果

こんにちは!エディです。

SONY(ソニー)がプレミアムクラスのポータブルオーディオ「1000Xシリーズ」の新しいラインナップとして、完全ワイヤレスイヤホンのWF-1000XM4を6月25日に発売します。

私は、WF-1000XM3を使っているため、その最新版となります。

今、Appleが空間オーディオを発表したり、ロスレス/ハイレゾ音源の高音質サウンドが注目されていることもあり、学生時代にオーディオハマった私としては気になって仕方がなかったので、日曜日に家電量販店に行って試聴してきました。

その感想を述べていきたいと思います。

1 WF-1000XM4とWF-1000XM3の違い

1-1 発表されている両者の主要な性能比較

項番項目WF-1000XM4WF-1000XM3
1ノイズキャンセリング★6つ★4つ
2ハイレゾ対応○(LDAC)✖️
3スピーク・トゥ・チャット✖️
4防水性能✖️
5マイク4つ2つ

上記の表の通り差は大きくあり、もう少し詳細を記載すると以下になります。

  1. ノイズキャンセリングが大幅に向上
  2. 完全ワイヤレスヘッドホンとしてソニー初のLDACの高音質のコーデックに対応し、LDAC対応機器と接続して使用することで、ハイレゾコンテンツが楽しめる
  3. ヘッドホンを外さずに会話ができる
  4. 汗や突然の雨も気にせずに使用できる
  5. マイク通話の音質が上がり、通話中の話声がクリアに聞こえる

WF-1000XM3はノイズキャンセリングが正直弱いため、この★2つ分の差は大きいです。後述しますが、実際に店頭で試した時はため息が出るほど向上しており、WF-1000XM3からすぐに乗り替えたくなりました….。

ハイレゾ対応ですが、残念ながらAppleのiphoneやipadはLDAC対応機器ではないので、WF-1000XM4の恩恵を完全に受けることは難しく、ウォークマンやエクスペリア等のデバイスでの再生が必要とのことです。

スピーク・トゥ・チャットは、イヤホン装着中に会話を始めるために声を発すると自動で音楽が一時停止されて外音取り込み機能に切り替わり、会話終了後はヘッドホンのボタン操作や事前に設定した時間でノイズキャンセリング機能に戻って音楽が再生される機能であり、これはとても便利です。

1-2 WF-1000XM3の気になる点が改良されている

前述した性能以外に以下の様な差もあります。

  • 風切り音対策がされて気にならないレベルに改良された
  • ポツポツ途切れることが多かったBluetoothの接続安定性が改良された
  • 本体が小さくなり、より快適なつけ心地と安定した装着性能に改良された

つまり、WF-1000XM3で気になっていた部分をことごとく(!)改良されているのです。

WF-1000XM3もかなり当時は完成度が高いと言われていたイヤホンですが、さらに完全体に近づいたイメージです。

個人的に、今回のWF-1000XM4は以下のように特徴をまとめることができると思います。

WF-1000XM3で気になるところを全て改良し、ノイズキャンセリングが強くなって音質がクリアになり、Bluetoothの接続が安定してストレスフリーで音楽を楽しめるイヤホン

一度家電量販店に行って装着、試聴して見ると驚くと思います。(※WF-1000XM3からすぐに乗り替えたくなる危険性はありますが(苦笑))

2 WF-1000XM4を店頭で試した感想

2-1 装着感がとても良い

まず、本体自体が小さくなって(約10%減)軽くなりイヤーピースの付け心地がとても良くなったため、密着性と密閉感が段違いで増しました。

ソニーの独自開発のポリウレタンフォーム素材のノイズアイソレーションイヤーピースとなっており、遮音性もより高まっています。

WF-1000XM3は結構大きかったことから耳に装着すると少し圧迫感を感じていましたが、WF-1000XM4は耳も痛くならず自然な付け心地です。

2-2 ノイズキャンセリングが圧倒的

このノイズキャンセリングに私は一番感動しました。

WF-1000XM3は、ノイズキャンセリング性能が甘く不満を持っていたんですね。それが、WF-1000XM4になると明らかに向上されていることがわかり、うるさい家電量販店の店頭でも自分の周囲だけ静寂性が増していました。

私はBOSEのQuietComfort35のヘッドホンを使用しているのですが、これは結構ノイズキャンセリングが優秀なのですが、それに近い静寂性です。

WF-1000XM3でノイズキャンセリングに不満を持っていたほとんどの人は、WF-1000XM4に乗り替えることで解決するのではないかと思うくらいです。

2-3 音質がクリアで心地よい

音質がよりクリアになりました。

WF-1000XM3は低音が特徴的だったので、それと比較するとWF-1000XM4は低音は弱くなっています。相対的に中高音域の音がクリアになっている印象ですね。

また、LDACに切り替えて音を聴かせていただいたのですが、より中高音域が際立つ感じです。

ノイズキャンセリングが効いているため、家電量販店の店頭でもそこだけどこかのミュージックホールにいるかの様な体験をする事ができました。

2-4 スピーク・トゥ・チャットがとても便利

この機能はとても便利に感じました。

イヤホン装着中に声を発すると自動で音楽が一時停止されて外音取り込み機能に切り替わり、会話終了後に戻すという一連の流れが、とてもスムーズでストレスがないのです。

3 予約をしないと発売日に入手が難しいかも

発売前から大注目のWF-1000XM4は、予約が今すごいらしいです。

店頭にいたソニーの販売員の方から伺いましたが、予約をせずに6/25以降に入手しようとすると、人気カラーのブラックについては難しく、数ヶ月待ちになる可能性もあるとのことでした。

ですので、発売日に欲しい方は、予約受付をしている家電量販店やソニーストア、インターネットサイト等で予約をしておいた方が無難です。

私は、悩み中です。散財に繋がってしまいそうで…

4 最後に

WF-1000XM4はとても完成度の高いワイヤレスイヤホンです。

WF-1000XM3の一部要素に不満があるユーザーは、乗り替えることでほとんどの不満要素が解消されるだろうと言えるくらい性能が向上しています。

3.3万円という価格も手に届きやすく、最高峰のワイヤレスイヤホンがまた登場したのではないでしょうか。

是非、皆さんも店頭で試聴して体験し、検討してみてはいかがでしょうか。

その価値はあるイヤホンだと思います。

以上です。ご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました