【インデックス登録時間は遅いこともある】早める対策をして待つだけ

【インデックス登録時間は遅いこともある】早める対策をして待つだけ

こんにちは!エディです。

ブログをしている人にとって気になる自身のページやサイトのインデックス登録されるまでの時間ですが、このインデックス登録はすぐに実行される訳ではありません。

様々な要素が絡んでおり、基本的にはGoogleやクローラーに委ねられているのが現状です。

ですので、私達にできることは、早めるために有効だとされている対策を行い、あとは受け身で待つだけなのです。

1 Googleの検索エンジンに表示されるために

1-1 Google側の「発見」と「登録」の2つが必要

Googleの検索エンジンにページが認識されるために必要なことは、「そのページを見つけてもらって認知されること」、そして「検索エンジンのデータベースに登録されること」です。

「ページを見つけてもらう」ためには、「クローラー」と呼ばれるインターネット上を巡回してコンテンツの情報を収集し保存する自動ソフトウェアによって発見(クロール)されることがまず必要です。

次に、クローラーによって発見されたページを検索エンジンが評価してデータベースに登録(インデックス登録)されることで、初めで検索エンジンに表示されるようになるのです。

ポイント
  1. クローラーによってページを発見してもらう
  2. 発見されたページを評価し登録してもらう

2 インデックス登録を早める方法

2-1 発見(クロール)を促す

サイトマップを送信し、クロールしてほしいページをGoogleに周知することが大切です。

ページは、Google側がクロールし易いわかりやすい構造にすることが必要であり、結果的にSEO対策(ページの掲載順位向上)にも繋がります。

ポイント
  1. サイトマップはプラグインを使う(「Google XML Sitemaps」等)
  2. ページURLを、パラメータではなくページ名等わかりやすい具体的なものにする(パラメータ:example.com/?1234⇨ページ名:example.com/indexing)
  3. サイト内を適切なカテゴリー階層やタグ付与、パンくずリストを設定し、どのページにも容易にアクセスできる構造にする※。

※階層を深く複雑にすることは避けたほうが良いです。浅い階層にあるコンテンツほどGoogleから重要なコンテンツとみなされるため、深い階層にあるコンテンツは重要度が下がりクロールされづずらくなるリスクがあるからです。

2-2 インデックス登録を促す

Googleサーチコンソール(Google Search Console)を使って、インデックス登録リクエストを送信することが大切です。

ページを発見したGoogleに登録してもらうために、サイトやページが安全であり、価値のあるコンテンツを含み、利便性が高いことを認めてもらいます。

また、Googleが内容を把握し易くするための分かり易さも必要です。

ポイント
  1. サーチコンソールのURL検査を行う※
  2. ページタイトルを短くわかり易くする
  3. 見出しでページの内容を想像できる(わかる)ようにする
  4. ユーザーにとって有益な質の高いコンテンツにする
  5. サイトページにどの端末からでも早く簡単にアクセスできるようにする(PageSpeed Insightsによるスピード対策)
  6. サイトの安全性を担保する

※インデックス登録には上限回数があるので注意です。頻繁に行いすぎると「上限回数を超えました」となり、暫く登録申請ができなくなります。私も一度経験しました。なお、上限の具体的な回数については、明確に周知されていません。

3 プラグインでクロールをコントロールする

3-1 「Google XML Sitemaps」を活用する

「Google XML Sitemaps」は、WordPressでサイトマップを生成するのにとても便利なプラグインです。

このプラグインを使って、サイトやページ毎にクローラーのクロールする優先度や頻度をコントロールすることができます。

どのページを優先的にどれくらいの頻度で訪れてとクローラーに指示してあげるのですね。

例えば、滅多に更新しない固定ページに毎回クロールすることで、新たに登録させたいページに辿り着かずに検索エンジンへの表示が遅れたりします。

そういったことを避けることが目的です。

3-2 設定方法

インストールした後、WordPress管理画面から、「プラグイン」⇨「インストール済みプラグイン」⇨「設定」へと移動します。

「設定」から各種項目をカスタマイズしますが、下記4つの項目以外はデフォルトのままで良く、変更する必要はありません。

投稿の優先順位

下記一つの項目のみ黒丸チェックを入れ、他はチェックしない。

投稿の優先順位の計算方法を選択してください:

  • : 優先順位を自動的に計算しない
    すべての投稿が “優先順位” で定義されたのと同じ優先度を持つようになります。
  •  コメント数
    コメント数から投稿の優先順位を計算する
  •  平均コメント数
    平均コメント数を使って優先順位を計算する
Sitemap コンテンツ

以下の4つの項目にレ点チェックを入れる(その他はチェックしない)。

補足:固定ページにチェックを入れない理由は、固定ページはプロフィールや問合せページ、プライバシーポリシー等がメインであり、一度一通り作れば追加変更は滅多にないだろうという前提だからです。

WordPress標準コンテンツ:

  • レ点: ホームページ
  • レ点:投稿 (個別記事) を含める
  •  固定ページを含める
  •  レ点:カテゴリーページを含める
  •  アーカイブページを含める
  •  投稿者ページを含める
  •  タグページを含める

詳細なオプション:

  •  レ点:最終更新時刻を含める。
Change Frequencies

各項目ごとに指示するクロール頻度を決めます。

  • 毎日:ホームページ
  • 毎日:投稿 (個別記事)
  • 毎週:固定ページ
  • 毎日:カテゴリー別
  • 更新なし:今月のアーカイブ (たいていは”ホームページ”と同じでしょう)
  • 毎年:古いアーカイブ (古い投稿を編集したときにのみ変更されます)
  • 毎日:タグページ
  • 毎週:投稿者ページ
優先順位の設定 (priority)

各項目ごとに、優先順位を0.0~1.0の範囲で決めます。

  • 0.8:ホームページ
  • 0.8:投稿 (個別記事) (“基本的な設定”で自動計算に設定していない場合に有効)
  • 0.8:投稿優先度の最小値 (“基本的な設定”で自動計算に設定している場合に有効)
  • 0.3:固定ページ
  • 0.8:カテゴリー別
  • 0.3:アーカイブ別
  • 0.8:タグページ
  • 0.3:投稿者ページ

設定は以上であり、これが一般的にベストと言われています。

ただし、サイト運営にこだわりがある方は、ページごとの優先度や頻度は変えていただいても良いと思います。

3 インデックス登録まで時間がかかる場合もよくある

3-1 全てのページが即時反映されると思わない

Googleがページを発見しインデックス登録するまでの時間はバラツキがあり、基本は1日程度で完了しますが、数日から数週間かかる場合もあります。

ブログ執筆者は、インデックス登録は即時反映されるものだ(あるいは、「されるべきだ」)と思われるかもしれませんが、数日から数週間かかる場合も一般的にあることを認識した方が良いかもしれません。

新規に作成したページがすぐにインデックス登録されることは、クロールタイミングと偶然重ならない限りほとんどありません。

もちろん、登録されるまでの時間は、前述したようなポイントをもとに対策することで早めることはできます。

ただし、完全な方法はないため(これをやったら100%即時反映される)、結論は、Google側にクロールして登録してもらうのを待つしかないのです。

特に、ブログを始めたばかりで運営パワーが弱く認知されていないサイトはその傾向にあるので、必要以上にインデックス登録までの時間に一喜一憂しないことをオススメします。

私も反映まで4日かかったページがありました。

そのページに何か問題があった訳でもなく、登録後はSEOの検索順位も4位で1ページ以内に表示されるなどしています。

仮に即時反映あるいは1日経っても登録されずにどうしてもすぐに反映させたい時は、登録したURLのスラッグを変更すると良いかもしれません。

理由説明と断定は難しいですが、URLの変更をしてインデックス登録を再申請するとすぐに反映されることが何度かありました。

インデックス登録される前であればURLを変更しても問題ないため、上記方法を試されるのもありかもしれません。

3-2 問題があるかもと判断するまで1週間は待つ

何か問題があるのでは?と考える時間の目安は1週間です。

Google Search Consoleのヘルプページにも以下のように記載されています。

ページの作成やインデックス登録のリクエストを最近行った場合: Google がページをインデックスに登録するまでに時間がかかることがあります。サイトマップを送信するかインデックス登録リクエストを送信した後、少なくとも1 週間ほど経ってから、問題があるかどうか判断してください。ページやサイトの変更を行ったのが最近である場合は、1 週間ほど待ってから、改めて検索結果を確認してください。

Google Search Console HP

つまり、即時反映されない、数日しか経っていない等で判断するのは拙速だということです。

なお、サーチコンソール側の不具合で全体に影響を与えている場合があるので、気になる場合は、Googleの周知等で情報が出ていないかチェックしてみるのは良いです。

4 最後に

ブログの記事を折角書いたのに、Googleの検索エンジンになかなか表示されないと不安になりますよね。

そのために、検索エンジンに登録される仕組みを理解し早める対策をすることが大切です。

そしてそれと同じくらい大切なのが、インデックス登録まで時間がかかる場合があることを理解し受け入れることだと思います(特に新しいサイト等)。

日々、Googleが提示するガイドラインに沿ってサイトを構築し、ユーザーにとって有益なコンテンツや分かり易さを意識してブラッシュアップしていけば、登録までの時間のバラツキや遅延も減少してくるのではないでしょうか。

以上です。ご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました