【購入必須】B’zの凄すぎ無観客配信ライブのDVD &ブルーレイ

【購入必須】B'zの凄すぎ無観客配信ライブのDVD &ブルーレイ

こんにちは!エディです。

昨年、Zepp Haneda(TOKYO)にて5週連続で開催され大きな話題となった無観客配信ライブ「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」のDVD&Blu-rayがいよいよ来週8/25に発売されます。

学生時代から20年以上のB’zファンでライブにも何度も足を運んできた私が、このB’zファン生唾の配信ライブ映像とDVD&Blu-rayの詳細について感想含めて解説していきます。

1 コロナ禍に開催された無観客配信ライブ

1-1 ライブの概要

B’z SHOWCASE2020 -5ERAS 8820- @Zepp Haneda(TOKYO)

昨年、世界中がコロナ禍に陥り、音楽業界でもアーティストのライブ開催が次々と中止になりました。

ライブハウスやホール、ドーム含めて多くの観客が密集してしまうライブは感染リスクが高いと判断されたためであり、その余波はB’zにも例外なく訪れ、有観客でのライブが全て中止になりました。

そんな中、東京のZepp HanedaにてB’zは無観客での配信ライブを行ったのです。

<内容>

  • 5週連続で開催(2020年10月31日〜11月28日)
  • 1988年のデビューから2020年までの32年間を5つの時代(eras※)に分けて約80曲披露
  • 5週全ての公演が全て異なるセットリストであり、演出やステージも総入れ替えという細部への拘りとスケールの大きさが圧巻

※era(イーラ)=時代

内容の詳細は次に述べますが、まさに圧巻のロックスペクタクルショーとなりました。

1-2 無観客に感じない圧倒的なパフォーマンス

B’z “5 ERAS” Day1-5 DIGEST

私もリアルタイムで昨年視聴していましたが、この動画のダイジェストからもわかる通り、B’zの圧倒的な熱量とパフォーマンスで正直「本当に無観客!?」と思える程でした。

稲葉さんも本当に圧巻でしたね…。

B’z公式のYouTubeでの福山雅治さんとの対談でも言われていましたが、普段はシャイでクールな稲葉さんは「ステージに立つとスイッチが切り替わり、恥ずかしさ等が一切なくなる」との特性があるようで、ライブでは相変わらず化け物じみた(最大級の褒め言葉)パフォーマンスでオーディエンスを引き込んでいました。

また、Day5の最終公演最後の稲葉さんのMCで「ライブをしていくなかで皆さん(ファン、視聴者(観客))の熱が伝わり、無観客ライブは「無観客」じゃないんだと感じて寂しくなかった」とも言われた通り、B’zの熱量とオーディエンスの繋がり、絆というのを画面越しでも十分に体感できるライブだったと思います。

私は最終公演が終了した後、感動と余韻にしばらく浸っていました。

2 8/25発売のDVDとBlu-rayについて

2-1 内容紹介

・①COMPLETE BOXと②Day毎の2パターン

①のCOMPLETE BOX(完全受注生産限定)版については既に予約受付期間が終了(Amazonでは5月)しています。

COMPLETE BOX(完全受注生産限定)とDay毎に分けられたものとの違いは、「特典Disc(配信ライブの日々を追った74分におよぶドキュメンタリー映像)」と「Day毎のフォトブック」、「A4変形三方背ケース仕様」の3つのみです。

純粋にライブを楽しむだけなら、Day毎のDVD版もしくはBlu-ray版を購入すれば十分だと多います。

・Day毎のセットリストの特徴

セットリストは、誰もが知る名曲だけではなくシングルのB面(2nd Beat)など幅広く選定され、コアなB’zファンだけではなくそうでない方まで幅広くB’zの世界観を十分に味わえるものとなっています。

また、ミュージックビデオの演出や昔の寸劇の再現等が加わり演奏メンバーの素の一面等も見られ、ステージは圧巻のLED大型ビジョンが四方に設置されることでダイナミックになり、ドローンや火花等の特殊効果を活用しながら大迫力のライブになりました。

<Day1のセットリスト>

ファーストシングル「だからその手を離して」から始まり、ファンからも評価が高く以前スマスマで稲葉さんがゲストで来た時に草彅君が好きだと言っていた「Baby, You’re My Home」などのスローバラードも織り交ぜられています。

1. だからその手を離して
2. BLOWIN’
3. 星降る夜に騒ごう
4. BE THERE
5. 太陽のKomachi Angel
6. Easy Come, Easy Go!
7. GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-
8. ALONE
9. あいかわらずなボクら
10. Baby, You’re My Home
11. TONIGHT (Is The Night)
12. どうしても君を失いたくない
13. 恋心 (KOI-GOKORO)
14. 『快楽の部屋』
15. ZERO
16. RUN
17. 裸足の女神

<Day2のセットリスト>

2枚組のアルバムである「The 7th Blues」に収録の「LOVE IS DEAD」から始まり、ミュージックステーションのステージで長髪の稲葉さん、松本さんが神がかり的なパフォーマンスを行い伝説となった「おでかけしましょ」や「Don’t Leave Me」、コロナ禍に公式YouTubeでも配信された「HOME」等が入っています。

1. LOVE IS DEAD
2. おでかけしましょ
3. Don’t Leave Me
4. 闇の雨
5. YOU & I
6. 夢見が丘
7. love me, I love you
8. もうかりまっか
9. The Wild Wind
10. HOME
11. ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
12. スイマーよ!!
13. Liar! Liar!
14. さまよえる蒼い弾丸
15. Calling

<Day3のセットリスト>

名探偵コナンのOP曲である「ギリギリchop」から始まり、爽やかな「Blue Sunshine」や広大な人生観や恋愛観を歌った胸に突き刺さるB’zの名バラード「ONE」も入っています。

1. ギリギリchop
2. ながい愛
3. F・E・A・R
4. Seventh Heaven
5. 野性のENERGY
6. May
7. GOLD
8. Blue Sunshine
9. 熱き鼓動の果て
10. 今夜月の見える丘に
11. IT’S SHOWTIME!!
12. juice
13. ONE
14. Brotherhood
15. ultra soul

<Day4のセットリスト>

全般的にロックな曲調が多いセットリストであり、BURNの圧倒的なパフォーマンスは度肝を抜かれて盛り上がり、最後に「いつかまたここで」で涙が誘われます。

1. ARIGATO
2. Fever
3. SPLASH!
4. 永遠の翼
5. ゆるぎないものひとつ
6. DIVE
7. パーフェクトライフ
8. MY LONELY TOWN
9. OCEAN
10. BURN -フメツノフェイス-
11. イチブトゼンブ
12. 衝動
13. BANZAI
14. 愛のバクダン
15. いつかまたここで

<Day5のセットリスト>

ペプシのCM曲となった「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」から始まり、個人的には最近のバラードでも上位にくるほど好きなポッキーのCM曲「マジェスティック」が聴けるのが貴重であり、2019年のラグビーワールドカップソングとなった「兵、走る」でフィナーレとなります。

1. GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-
2. さよなら傷だらけの日々よ
3. 声明
4. HEAT
5. Classmate
6. フキアレナサイ
7. 世界はあなたの色になる
8. Still Alive
9. マジェスティック
10. WOLF
11. YES YES YES
12. RED
13. 有頂天
14. C’mon
15. 兵、走る

2-2 オススメポイント

・B’zの32年間に自身の時代も重ね合わすことができる

今回のERASでは、32年間を5つの時代に分けられました。

B’zファンならば、その時代の曲を聞くとその時の自身の状態や出来事をまるで昨日のように懐かしく思い出すことができるのではないでしょうか。

一曲一曲に思い出があり、回顧するには十分すぎるほどの時代毎にまとめられた名曲揃いのセットリストは、永久保存版と言っても良いぐらいです。

私自身の人生に当てはめても、Day1〜DAY3は学生時代、Day4は社会人前半、Day5は社会人後半とその時々の環境や感情も異なっています。

B’zの凄いところは、人生のどの場面においてもその時々の様々な人の気持ちに当てはまる、共感できる曲が必ずあることです。

昨年リアルタイムでライブを視聴した時も、曲を聴きながら同時に昔も懐かしく思い出すことができました。

それを可能にしてくれるのが稲葉さんの歌詞であり、松本さんのメロディーなのです。

・無観客という今までにないライブを体感できる

無観客という通常のライブではない中で開催された新しい取り組みを実感できる内容となっており、昔のPVみたいな演出や寸劇の復活、大画面ビジョンやドローン等をフル活用したステージ等も斬新です。

個人的には、「love me, I love you」の演出が当時のPVのようになっていたことが印象に残っており、粋なことしてくれるなーと思って聴いていました。

また、B’zの圧倒的な熱量とパフォーマンスが画面越しに伝わってくる様はもはや凄いの一言しかなく、オーディエンスの私たちとの一体感も本当に神がかっていました。

これは、実際にライブを見てみないと体感できるものではないので、是非体感して欲しいと思います。

↑U-NEXTでMr.Children、GLAYも出演する初のB’z主催のRock Project「B’z presents UNITE #01」が10月にライブ配信されますので、情報を記載しています。

2-3 Day毎のDVD版とBlu-ray版の購入先

・Day1

・Day2

・Day3

・Day4

・Day5

私は、Day1~5まで全てBlu-rayで予約済です…!!!

到着まで楽しみでしょうがない…。

3 最後に

B’zの無観客配信ライブ「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」のDVD&Blu-ray版は、B’zファンでなくても買って損はない内容となっています。

コロナ禍で生活様式や環境が変わっていく中、音楽業界、そしてライブ視聴の方法も工夫しながら行われています。

今回のB’zの無観客ライブはまさにそんな時代の象徴であり、B’zだからこそここまで完成度の高いライブが開催できたと思います。

素晴らしいセットリストの数々の名曲を是非皆さんも味わってください。

以上です。ご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました